過払い請求事例1

過払い請求事例2

過払い請求事例3

過払い請求事例4

過払い請求事例5

過払い請求事例6



DCカード(三菱UFJニコス)への過払い金請求の実際の流れ

過去、DCカード(三菱UFJニコス)などの、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社から何らかの借入をしていた場合、自分には過払い金があるんだという認識をまず持ってもらったほうがいいかもしれません。

DCカード(三菱UFJニコス)から何年前も前にお金を借りていて、だいぶ前に完済したよ、という人であっても、一度と過払い請求をしたことがない人であれば、この機会に過払い金を請求してみてはいかがでしょうか。

まれに、DCカード(三菱UFJニコス)などの消費者金融やクレジットカード会社、信販会社から借り入れを行っていても、過払い金が発生していなかった、という方もいらっしゃいますが、一度調べてみる価値はあるかと思います。

DCカード(三菱UFJニコス)への過払い金があるかどうかの調べ方

DCカード(三菱UFJニコス)で過払い金が発生しているかどうか、一番簡単で確実な方法をご紹介します。

DCカード(三菱UFJニコス)から借り入れを行っていたとしましょう。

その際はDCカード(三菱UFJニコス)の電話番号を調べ、直接問い合わせ窓口へ電話してください。

そこでできる限りの情報を電話の相手、DCカード(三菱UFJニコス)の担当者に伝えます。名前、借入時期、完済時期、その他、担当者から質問される内容にはなるべく応えてください。

いろいろと情報を伝え、DCカード(三菱UFJニコス)側であなたの借入履歴を発見してもらったら、取引履歴をください、と申請してください。

この取引履歴は簡単に言うと、あなたとDCカード(三菱UFJニコス)のやり取りの履歴です。DCカード(三菱UFJニコス)側で細かく履歴をとっていますので、これを自分の家に送ってもらえるよう手配してください。

この取引履歴なくしては過払い金の請求ができませんので、確実に入手してください。借入していたものが取引履歴開示を要求することは、権利として認められていることでもありますので、安心して要求してもらって大丈夫です。

DCカード(三菱UFJニコス)の取引履歴を入手したら、、

DCカード(三菱UFJニコス)とのやり取りの履歴を入手したら、次は引き直し計算です。

入手した取引履歴を参考にしながら過払い金が発生しているかどうかを計算します。

自力で計算してもいいのですが、間違える可能性や時間、手間を考えると、やはり自動で計算してくれるツールのようなものを使ったほうが無難かと思います。簡単にできちゃいますし。

インターネットのYahooやGoogleで、引き直し計算、と検索すれば、引き直し計算ソフトなどの無料で使えるツールなど紹介しているサイトが無数にありますので、使いやすそうなものを使用し、過払い金が発生しているかどうかを計算してみてください。

5年以上なら間違いない?!

これで、DCカード(三菱UFJニコス)からお金を借りていた自分に過払い金があるかどうかを簡単確実に調べることができますので、少しでも可能性があるかな?と思う場合は調査してみてください。

ちなみに、現状完済していたとしても、まだ返済中だとしても、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社との入り取りが5年以上ある場合は、過払い金が発生している可能性が高いです。

DCカード(三菱UFJニコス)への過払い金が思いあたる場合は、休日の数時間だけでも使って上記のような計算をしてみてください。驚くほどお金が返ってきて、借金を全て返済した上に、余計にお金が余ったなどの事例も多数あります。

DCカード(三菱UFJニコス)の過払い金請求方法

DCカードの過払い金請求については少し複雑です。

そもそもこのDCカードというものは、三菱UFJニコスのカードブランドであり、DCカードの他に、MUFGカード、UFJカード、NICOSカードの4種類のカードがあり、この4種類のカードすべてをMUFGカードに集約させようとしています。

DCカード(三菱UFJニコス)の過払い金請求は難点あり

このことからも推測できるように大きなブランドの中のカードのひとつであるDCカードということで、取引履歴の開示などの応対が非常に遅いという特徴があります。

実際にDCカードにて過払い請求を行った方の話では取引履歴の公開が待たされたのではなく、できなかったという事例もありました。

自信を持って過払い請求を行う

カードブランドの集約を進める際に、DCカード、MUFGカード、UFJカード、NICOSカードそれぞれの取引データを古いものから削除されている可能性があります。

このような個人で立ち向かった場合どうしようもなさそうな会社であっても、弁護士や司法書士などの専門家の力を借りることで過払い金を取り戻すことができます。

DCカード(三菱UFJニコス)であっても過払い請求は当たり前の権利です

どんな状況であっても過払い金を取り戻すことは法律で認められていますし、利用者の方は自信を持って対応するべきです。頑張ってください。

DCキャッシュワン過払い請求体験談

結構前からDCキャッシュワンでキャッシングをしていました。それで、借りた分を地道に返済していたのですが、どうしても金利が高いというところがありまして、なかなか残金が減っていきませんでした。

返済金額の3割以上が金利となっていては、返してもきりがありませんし、何よりも返している間にまたキャッシングをしてしまうので余計にたちが悪いような感じでした。

しかし、ある日DCキャッシュワンから借りたお金の過払い請求が出来るということを知りました。過払い請求というのは、金融会社に対してグレーゾーン金利により払い過ぎていた利息の請求をするというものです。私はこの過払い請求は自分で出来るということも知りましたが、どうも失敗したくないなって思ったので、弁護士に依頼することにしたのです。

とりあえず相談をしてみたら、親身に相談にも乗ってくれましたし、きちんと過払い請求をしてくれるということでしたので、かなり安心出来ました。その結果、見事にDCキャッシュワンから過払い請求を成功させることが出来ました。お陰様で残っていた借金のすべてを解消出来ましたし、更にお金も少しですが返ってきました。

結構こういうのって、自分は返ってこないからする意味がないとか、過払い請求をやってしまうとその後はそこからお金を借りられない、ということでやりたくないという方もいるのですが、私としてはお金を借りられなくなると言うことよりも、借金が無くなる可能性があるというメリットの方が格段に大きいと思います。なので、過払い請求は絶対にやった方が得をすると思いました。



PR





ページのトップへ戻る