過払い請求事例1

過払い請求事例2

過払い請求事例3

過払い請求事例4

過払い請求事例5

過払い請求事例6



アイフルへ過払い金請求しても半分以下?!

どこの金融業者であっても、過払い金請求を行おうとする人は、自分が払いすぎた利息分満額を取り戻したいのは普通ですよね。

ただこのアイフルという会社は少々問題があるようなのです。

弁護士なら5割。個人ならいいとこ2割が相場

アイフルへ問い合わせを行うと直接言われることなので、すぐにわかることなのですが、過払い金請求を行っても返還できるのは良いところ50%。しかもこれは弁護士や司法書士を使った場合の数字です。

個人でアイフルへ過払い金請求を行うと、いいところ10%~20%とのこと。

なんだこの話は!とアイフルに過払い金がある方なら憤ること間違いなしなのですが、実際このような話をされるからびっくりですよね。

アイフル側の主張に惑わされるな!

アイフル側の言い分としては経営自体がかなり危ない状況で過払い金を返還できるのにも限度があるということですが、アイフルの2012年の利益はなんと170億円。

最近でもバナナマンや、いとうあさこなどを使用したテレビCMを連日放映していますし、170億円のことが偽りだったとしてもお金があるようにしか思えないのが事実です。

このような状況であっても「何割しか返還しない」の一点ばり。

期間も2〜3ヶ月かかるとのことなので、かなり厄介な過払い請求になるのは間違いないです。

ですが、借りていた側からすると、グレーゾーンで無駄に支払った利息を満額返してほしいと思いますよね。

アイフルから過払い金の全てを取り戻す方法

個人の力で過払い金請求を頑張りましょう!と応援する当サイトですが、アイフルに限り、プロである弁護士、司法書士の方に依頼するのがまず重要であり、

「必ず裁判で判決を取ることを約束してくれる弁護士もしくは司法書士を見つける」

この方法以外、50%以上の返還は難しいかと思います。専門家へ支払う手数料もですが、中長期的な戦いになるのは覚悟しておくべきでしょう。



PR





ページのトップへ戻る