過払い請求事例1

過払い請求事例2

過払い請求事例3

過払い請求事例4

過払い請求事例5

過払い請求事例6



シンキへの過払い金請求の実際の流れ

過去、シンキなどの、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社から何らかの借入をしていた場合、自分には過払い金があるんだという認識をまず持ってもらったほうがいいかもしれません。

シンキから何年前も前にお金を借りていて、だいぶ前に完済したよ、という人であっても、一度と過払い請求をしたことがない人であれば、この機会に過払い金を請求してみてはいかがでしょうか。

まれに、シンキなどの消費者金融やクレジットカード会社、信販会社から借り入れを行っていても、過払い金が発生していなかった、という方もいらっしゃいますが、一度調べてみる価値はあるかと思います。

シンキへの過払い金があるかどうかの調べ方

シンキで過払い金が発生しているかどうか、一番簡単で確実な方法をご紹介します。

シンキから借り入れを行っていたとしましょう。

その際はシンキの電話番号を調べ、直接問い合わせ窓口へ電話してください。

そこでできる限りの情報を電話の相手、シンキの担当者に伝えます。名前、借入時期、完済時期、その他、担当者から質問される内容にはなるべく応えてください。

いろいろと情報を伝え、シンキ側であなたの借入履歴を発見してもらったら、取引履歴をください、と申請してください。

この取引履歴は簡単に言うと、あなたとシンキのやり取りの履歴です。シンキ側で細かく履歴をとっていますので、これを自分の家に送ってもらえるよう手配してください。

この取引履歴なくしては過払い金の請求ができませんので、確実に入手してください。借入していたものが取引履歴開示を要求することは、権利として認められていることでもありますので、安心して要求してもらって大丈夫です。

シンキの取引履歴を入手したら、、

シンキとのやり取りの履歴を入手したら、次は引き直し計算です。

入手した取引履歴を参考にしながら過払い金が発生しているかどうかを計算します。

自力で計算してもいいのですが、間違える可能性や時間、手間を考えると、やはり自動で計算してくれるツールのようなものを使ったほうが無難かと思います。簡単にできちゃいますし。

インターネットのYahooやGoogleで、引き直し計算、と検索すれば、引き直し計算ソフトなどの無料で使えるツールなど紹介しているサイトが無数にありますので、使いやすそうなものを使用し、過払い金が発生しているかどうかを計算してみてください。

5年以上なら間違いない?!

これで、シンキからお金を借りていた自分に過払い金があるかどうかを簡単確実に調べることができますので、少しでも可能性があるかな?と思う場合は調査してみてください。

ちなみに、現状完済していたとしても、まだ返済中だとしても、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社との入り取りが5年以上ある場合は、過払い金が発生している可能性が高いです。

シンキへの過払い金が思いあたる場合は、休日の数時間だけでも使って上記のような計算をしてみてください。驚くほどお金が返ってきて、借金を全て返済した上に、余計にお金が余ったなどの事例も多数あります。



PR





ページのトップへ戻る